株式会社キノックス
くりたけの自然栽培・原木栽培法(長木)
【くりたけ】
クリタケの画像
菌糸の最適伸長温度 20〜25℃
きのこの最適発生温度 10〜17℃
菌糸の生長温度は、比較的高いが、菌糸の伸びは遅く、榾化に期間を要する

◆くりたけの詳しい情報◆

品種
発生温度
特 長
販売品目
東北K91号(中生)
10〜18℃
中葉、厚肉、明褐色
種駒500ヶ
※当社で取り扱っておりますその他のきのこの品種に関しては、
 こちらを御覧ください。


1、栽培可能な原木
  原木の種類としては、コナラ、ミズリラ、クリ、クヌギ、シイ、カシ、ブナなどブナ科に属する樹種が良い。


2、原木の伐採と玉切り
  くりたけは、他のきのこ類と比較して菌糸の伸びが遅いので、原木内を菌が繁殖しやすい状態にすることが必要。従って12月頃までに伐採し、枝を付けたまま放置し、原木内の含水率を減少させ、内部組織を十分に枯死させる。2〜3ヶ月間乾燥させた後、長さ90〜100cm程度に玉切る。
※くりたけは榾木を土へ埋め込む栽培法であることから、原木をよく乾燥させてから接種することがポイントである。


3、接種
  接種は、2〜4月下旬までに行うようにする。ドリル・穿孔器等で孔をあけるが、菌糸の原木内蔓延を促進させるため、孔は多めにすると良い(原木直径の6倍が目安で、6・6の千鳥植えが効果的)。

7・6千鳥植

  接種孔は深めにあけ、種駒の間に5〜10mm程度空間を持たせるようにする。 接種孔の図


4、仮伏せ
  接種が終了した原木は、3〜4段の薪積みにして、保温保湿を目的としてビニールシートや、ワラ、コモ等で被覆する。尚、乾燥気味の場合は、適宜散水する。
 6月上〜中旬になったら、被覆を除去し、直射日光の当たらない林内などに移動し、榾木1本1本を地面に並べて、管理する。乾燥気味となる場所では、落葉などを掛けておく。
仮伏せの図


5、本伏せ
  菌糸が原木内に完全に蔓延したら、本伏せに移る。
 くりたけは、他のきのこ類と異なり、榾木を土中に完全に埋め込む方法を用いる。菌糸蔓延の度合は、原木を鋸で輪切りにして判断する。(切断面の大半が白い菌糸で覆われていれば良い。)本伏せの方法は、榾木と榾木を5cm程度離して並べて、覆土は約2cm程度とする。あまり覆土は厚すぎないよう留意する。
※土中への埋め込み栽培であることから、排水良好な場所の選定が特に重要となる。

本伏せの図


6、きのこの発生と収穫
  きのこの発生は植菌より2夏経過した秋より始まる。収穫は、傘が半円形を留めている6〜7分開きの時期が良い。傘があまり開きすぎると傘が割れ易く、しかもヒダが紫褐色を呈するようになってしまい、商品価値が低下する。通常の健全な榾木であれば、4〜5年間は収穫が可能である。
■ご注意! きのこ種菌の拡大培養は種苗法により禁じられております。

会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.