株式会社キノックス
たもぎたけの自然栽培・原木栽培法(短木)
【たもぎたけ】
たもぎたけの画像
菌糸の最適伸長温度 22〜28℃
きのこの最適発生温度 20〜25℃
菌糸の伸長温度、きのこの発生温度とも高温性である為、夏場にも収穫出来る

◆たもぎたけの詳しい情報◆

品種
発生温度
特 長
販売品目
東北T86号(中生)
20〜27℃
中肉、鮮黄色、穀粉臭中程度
種駒500ヶ
※当社で取り扱っておりますその他のきのこの品種に関しては、
 こちらを御覧ください。


通常の長木(90〜100cm)を使用した栽培方法も十分可能であるが、ここでは比較的榾化が早く、1本当たりの収穫率も大きい短木栽培について説明する。


1、栽培可能な原木
  原木の種類としては、ニレ属の樹種が好適であるが、他には、コナラ、ハンノキ、トチ、サクラ、カエデ等一般広葉樹を用いる。


2、玉切り
  原木は長さが15cm程度に玉切る。この方法を用いると相当太い原木も使用できる。
玉切りの図


3、接種
  ドリル、穿孔器を用いて原木に孔をあけて、種駒を接種する。
千鳥に孔を
種駒を植菌
千鳥に孔を開ける。孔数は多めとする(直径10cmで、長さ15cmの原木の場合、12ヶ程度が目安)。
 
 接種の時期としては、比較的空中雑菌の少ない3〜4月に行うのが理想である。


4、仮伏せ
  短木栽培は長木に比べ乾燥し易いことから、仮伏せ管理によって保温と保湿を図るようにする。

 接種の終わった原木は、3個程度、積み重ねて、上部及び周囲を、コモ、ワラ、ムシロなどで被覆、更にビニールなどで覆う。種菌が乾燥すると、発菌が遅れ、死滅する場合もあるので、適宜散水を心がける。
仮伏せの図


5、本伏せ
  本伏せは、きのこ発生の準備段階とも言える重要な過程であることから、場所の選定と十分な管理の実施が必要である。
 場所としては、直射日光の当たらない、通風の良好な林内が理想である。時期としては、5月下旬から梅雨入り前までとする。

  榾木の約半分程度を土中に埋め込みサイドに排水溝を設ける。
本伏せ排水溝つき


6、きのこの発生と小屋かけ
  きのこの発生は、接種年内の7月上旬からであるが、発生の前に、雨避けを目的として、小屋掛けを行う。材料としてはパイプ等を用いるのが簡便である。発生前の4〜5月にかけては、雨が少なく、乾燥気味となり易いので、適宜散水を行う。
小屋掛けの図


7、収穫
  収穫は傘が8分開きの時期がよい。傘が完全に開いた状態で収穫すると、日持ちが悪く、きのこの傘も壊れ易くなる。
8分開き
8分開き
完全開き
完全開き(漏斗型になる

■ご注意! きのこ種菌の拡大培養は種苗法により禁じられております。

会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.