きのこ料理のレシピ・まんねんたけ
まんねんたけのヘルシーメモ

 「まんねんたけ」の薬効は、古くからの民間伝承に基づくものであり、薬ではありませんが、中国では2000年以上も昔から“万病を治す仙草”として珍重されてきた経緯があります。現存する中国最古の薬学書として知られる「神農本草経」において、“生命を養う力があり、長く飲んでいると元気があふれてきて、しかも副作用がないので、不老延年が願える”きのことして「霊芝(まんねんたけ)」が登場します。日本でも薬用きのこの王者として古くから愛用されており、きのこの抗腫瘍作用を世に知らしめる原動力となったきのこでもあります。抗ガン作用を有するきのことして広く知られていますが、最近の研究では、苦味成分である「トリテルペン類」に抗アレルギー作用、血圧降下作用、コレステロール・中性脂肪降下作用など、様々な生活習慣病を予防する効果のあることが解明されていることから、薬効面で注目されています。

(まんねんたけの主な薬用効果)
1)免疫調整・抗腫瘍作用
 多糖類やトリテルペン類などの成分が体の免疫系を活性化させ、がんや感染症などの疾病に対する抵抗力を増強させることが知られています。
2)抗酸化作用
 フェノール類や多糖類ペプチドなどが活性酸素による過酸化障害から肝臓などの細胞を保護することが知られています。
3)肝臓保護作用
 多糖類やトリテルペン類が薬剤誘発型肝障害を軽減する効果のあることや慢性B型肝炎治療にも有効であることなどが報告されています。



会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.