きのこの雑学・きのこ栽培の博士になろう!
 これまでは「食」を前提としたきのこの人工栽培について、薬用の「まんねんたけ」を含め17種類のきのこについて紹介してきました。人工栽培が可能だとされている食用きのこの数はこれまでの報告(2009年3月)によれば55種類程度とされておりますので、3割程度の紹介にしか過ぎません。日本の食用きのこの数は約200種類で、そのうち特に好んで食に供されるきのこの数が約70種類ですので、人気のある食用きのこの約70%以上が既に人工栽培が可能となってきております。今後、人工栽培の研究が進むにつれ、栽培可能なきのこの数は更に増えるものと考えられますし、販売される種菌の種類も多くなるものと思われます。自分で栽培するきのこについて、さらに知識を深めていただくためにも、これまで紹介してきたきのこについて、販売や流通を含め、もう一歩踏み込んだ形で、栽培のプロとなるための情報を紹介したいと思います。




























今後の更新予定
■たもぎたけの栽培相談
■くりたけの栽培相談
■やまぶしたけの栽培相談
■うすひらたけ(ヒマラヤヒラタケ)の栽培相談
■むきたけの栽培相談
■ぶなはりたけの栽培相談
■やなぎまつたけの栽培相談

会社案内商品情報きのこの栽培法きのこエトセトラご注文お問い合わせリンクについてサイトマップ
++ トップへ戻る ++

株式会社 キノックス Kinokkusu Corporation
e-mail:honsya@kinokkusu.co.jp
Copyright (C) 2003-2014 Kinokkusu Corporation. All Rights Reserved.